業界記事

山縣理事長を再任/事業計画案等承認

2005-06-04

 県管工機材商組合(山縣栄昌理事長)は2日、第11回定期総会を水戸京成ホテルで開催、会員や賛助会員など約140名が出席し、今年度の事業計画などを決定した。役員改選では、山縣理事長、砂川宏副理事長を再任したほか、新たな副理事長に中野博氏を選任した。
 あいさつに立った山縣理事長は、来月で組合設立から丸10年を迎えることや経済の動き、業界の再編動向などに触れながら「会員がお互いに情報交換し、将来をどう変革していくかを探っていかなければなりません。それぞれの会社は別ではありますが、組合員としての連帯意識をもち、より先を見ながら、初心に返って、新年度の事業に取り組んでまいりたい」と強調。
 賛助会員に対しては「いろいろとご助言をいただき、各企業の安定した収益の確保を」と望んだ。
 議事では、平成16年度の事業報告や17年度の事業計画案を承認。
 役員改選では、山縣理事長、砂川宏副理事長を再任。また、新たな副理事長に中野博氏を選んだ。
 再任された山縣理事長は「10年間理事長を務め、今回は若手にお願いしたかったが、あと1期と支持をいだたき、微力ながら理事長を務めさせていただきます」と抱負を述べた。
 祝辞では、全国管工機材商業連合会の橋本政雄会長が、業界の動向を紹介した後、「組合活動はすぐには成果が出ないものですが、真面目に活動され成果をあげていただきたい」と期待を述べた。
 引き続き、新入会の3社が紹介され、代表があいさつ。
 また、賛助会員を代表してクボタシーアイ(株)東日本営業部の井上洋二郎部長が抱負を披露した。
 総会後は、作家の江上剛氏が「これからの企業と組織変革」と題して講演した。
 17年度の事業計画、役員体制、新入会者は次のとおり。
【17年度事業計画】
◆経営研修及び情報交換会=講演会、第37回管工機材設備総合展見学。
◆分科会=年2回(水戸・県北地区、土浦・県南・県西地区)
◆理事会、懇親行事、その他
【役員】(任期は17年8月3日から2年間。敬称略)
◆理事長=山縣栄昌((株)小泉東関東)
◆副理事長=砂川宏(砂川産業(株))、中野博(ナカノ管材(株)、新任)
◆会計理事=石崎志郎((株)茨城石崎)
◆理事=大里剛夫(富美通信興業(株))、菅生勝則(冨士機材(株))、加藤文浩(丸八管材(株))、渡辺佳則(橋本総業(株))
【新入会者】
◆ブリジストン建築用品東京(株)千葉営業所(千葉市中央区)、(株)佐山製作所(東京都足立区)、(株)フジクリーン茨城(水戸市)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野