業界記事

プラザノース事業提案/鹿島グループが1位/市民局

2005-06-03

 PFI事業で整備を進める「プラザノース」建設計画でさいたま市市民局は、事業者選定で、6グループから提出されていた提案書を審査、総合評点をまとめた結果、88・51点(100点満点)を獲得した鹿島グループが第1位となった。市は、今月中にも基本協定を締結し、8月に仮契約、9月議会の承認を受けて本契約を結ぶ。
 総合評点は、価格および価格以外の合計得点。客観的評価の結果は後日発表それるため、現段階での詳細は未定。
 本契約締結後の9月~20年3月までに施設の設計・建築工事を進め、同年4月~35年3月までを施設の維持管理・運営期間とする。
 建設地は、北区宮原町1-1-12の敷地2万6186㎡。施設延べ床面積は1万9650㎡。
 建設技術研究所(さいたま市、電話048-835-3700)が担当したPFI導入可能性調査による昨年10月現在の事業計画では、工事費総額を93億8228万円に設定。内訳は、舞台機構、音響、照明、観客用いすなどを含む建設費に80億4700万円、外構、給水・排水管引き込み工事費に13億3528万円。
 基本、設計、外構工事を含めた設計費には2億1600万円、工事監理費は1億1900万円をそれぞれ試算。また、全機能の維持管理費は5億2610万4000円とした。
 なお、提案審査に参加した他グループの総合評点および2位以下の順位は次のとおり。
▽2位=ダイヤモンドリースグループ(83・98点)▽3位=三菱商事グループ(83・05点)▽4位=清水建設グループ(90・39点)▽5位=伊藤忠商事グループ(75・21点)▽6位=大林組グループ(72点)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野