業界記事

陸上競技場に1・4億円/一般競争3件公告/竜ケ崎市の補正予算案

2005-06-03

 竜ケ崎市は、2日に開会した平成17年第2回市議会定例会に一般会計補正予算案を提出した。内容は、多目的陸上競技場の建設費1億4900万円や中根台中学校の法面改修費2100万円など2億5286万8000円を追加補正し、当初からの総額を218億286万8000円とする。そのうち多目的陸上競技場の建設は、当初予算の建設費3億3100万円を増額する。建設工事は、議決後、6月下旬から建築、電気設備、フィールド工事、機械設備、外構の工事5件に分離して一般競争や工事希望型指名競争で発注していく方針だ。
  多目的陸上競技場は、平成13年ごろから行っている総合運動公園内の整備事業の一環として、運動公園の全体敷地11万8000㎡のうち3万7000㎡を対象に17・18年度の2か年で建設するもの。
 基本設計および実施設計業務は、三井共同建設コンサルタント(株)が担当。全天候型8レーンの一周400mトラックをメーンに、本部席と600人程度の観客席を建設。一般の観覧場所については芝生スタンドも整備し、競技場の外周には園路や駐車場を設ける。
 市では、工事を建築・電気設備・機械設備・外構・フィールド工事の5件に分離して発注予定。うち建築と電気設備、フィールド工事の3件は一般競争入札で公告し、残りの機械設備に関しては指名競争、外構工事は工事希望型指名競争で発注する方針。
 総事業費は約7億円を想定しており、今年度当初予算には建設工事費に3億3100万円、建設工事監理委託料に500万円を計上。これに、今回の補正案では1億4900万円(フィールドや外構費)を追加した。
 陸上競技場の整備後には野球場の建設に着手する方針。その後、公園内の各所工事を実施して、総合運動公園整備事業の19年度完了を目指していく。
 このほか、補正予算案の主な工事として、教育費では中根台中学校の法面改修費に2100万円を計上。
 高台に立地する中根台中は、昨年秋の台風被害により法面が崩れた。このため改修を行うもので、16年度の12月補正予算に設計費を計上してフドウ測量設計に委託。工事に向けた工法等を検討し、準備を進めていた。
 補正予算案の建設関連事業費は次のとおり。
【土木費】
◆総合運動公園建設事業・多目的陸上競技場建設工事=1億4900万円
【教育費】
◆中学校施設整備事業・中根台中学校法面改修工事=2100万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野