業界記事

患者浴室改修費計上/病院事業会計に1870万円

2005-06-03

 つくば市は、7日に開会する6月市議会定例会に上程する議案等の内容を明らかにした。内訳は、一般会計補正予算案や病院事業会計補正予算案、市道路線認定、工事契約締結等の9議案をはじめ、専決処分の承認4件、16年度予算繰越明許等の報告7件。病院事業会計では、旧館トイレと患者浴室改修費に1770万円、設計監理費に100万円を計上し、7月から設計委託する方針。
 旧館トイレおよび患者浴室の改修は、病院が昭和40年代の建設で老朽化が著しく、利用環境に合っていないため計画。
 工事は、主に男女兼用のトイレ4箇所を改修し男子用、女子用とそれぞれ区別させる。患者用浴室の周辺は、段差が多いためフラットな床にしてバリアフリー化を図る。
 議決後、7月には設計業務を委託し、9月ごろから工事に着手する方針。工事は既存施設を利用しながら行うため、通常より長い期間をとる。
 市道認定としては、(仮)県立つくば養護学校進入路や研究学園駅周辺の33路線、みどりの駅周辺13路線を上程する。
 工事委託契約の締結案では、6億2900万円で県と随意契約する「島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業および上河原崎・中西特定土地区画整理事業に係る市公共下水道事業の建設工事等」の1件を上程する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野