業界記事

検討委もスタート/福岡中央公園を拡張

2005-06-01

 上福岡市は、福岡中央公園拡張整備設計業務を日立建設設計(千代田区、電話03-5211-0890)に1128万6000円で委託した。納期は今年度いっぱい、ワークショップも実施する。同公園整備については、市民ら19名で構成する検討委員会で協議、6月10日には初回となる話し合いの場を設ける。
 拡張整備計画検討委員は、市内在住・在勤の16歳以上の人を対象に、公募。これにPTAら各種団体代表者の推進委員を加えて、協議を行う。任期は18年3月までで、合計5回の話し合いを、年内中に開く。
 公園整備は、都市機構の上野台団地建て替えに関連して、実施する住宅市街地総合整備支援事業の一環。基本設計後、18年度に用地買収、19年度実施設計、20年度に工事する。
 福岡中央公園は、上野台団地の横、都計道桜通り線に面した細長い形状。面積1・25haだが、住市総整備へ区域を拡大し、面積約3・3ha規模になる。
 拡大部分は、上福岡駅前交差点側、公団との用地交換で確保する2ha。整備は、オープンスペース、市民交流の場として整備。そこに、各種イベントに対応できる多目的野外ステージのようなものをイメージしている。毎年開催している七夕祭りや産業祭では、仮設ステージをつくって対応している。
 既存公園部は、部分的な整備に留まり、現在の利用形態を保持する見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野