業界記事

東部土地区整事務所を移転/18年度に設計・施工

2005-06-01

 川口市は、新郷東部第1特定土地区画整理事業の平成19年度事業完了に向け、榛松第5公園予定地に建っている東部土地区画整理事務所(榛松1333番地)を、18年度中に新郷東部第2土地区画整理事業地内の街区公園1号予定地(東本郷地内)へ、移転新設する計画である。
 現事務所は、敷地約2400㎡の中に、S造2階建て、延べ床面積307・62㎡の庁舎のほか、S造平屋床面積184㎡の車庫棟が設置されているが、築30年近く経過しており、相当老朽化している。この建物は、18年度内か19年度に解体する予定。
 新設する事務所は、現施設同様、S造2階建ての計画だが、会議室等が狭いことから、予算が認められれば、少し広めの延べ床面積を確保したい意向である。車庫棟は、庁舎と一体化するか、別棟にするかは未定。建設用地は、すでに地主の了解を得ている。
 また、新郷東部第1特定区画整理地内には、榛松第4公園内に空き家の仮設住宅が建っているが、こちらも18年度か19年度に解体し、公園を整備できるようにする。こちらの面積は約3700㎡。このため、公園課が担当する榛松第4公園と同第5公園の整備は、早ければ19年度にも施工となる見通し。因みに榛松第1号、2号、3号公園の整備は完了している。
 なお、新郷東部第1特定土地区画整理事業は、昭和58年の事業決定から、区域面積約40haの整備を進めてきたが、建物移転も一昨年の15年度に307戸すべて完了している。今年度は、都市計画道路新郷草加線歩道整備工事の残工区、一部区画街路の舗装新設、新郷自転車歩行者専用道路の残工区、側溝布設の残工事などを実施し、ほぼ工事を完了する。また、出来形確認測量は、16年度に約25haを実施しており、今年度は残りの約15haを委託する。そして、18年度に換地計画を作成し、19年度に縦覧、換地処分を行い、事業を完了させる段取りとなっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野