業界記事

市道2254号線/建物補償を2件

2005-06-01

 市道2254号線の整備で館林市道路河川課は今年度、用地買収及び補償をメーンに進めていく考えで、事業費として補助内示額1億6900万円を計上している。
 同線は、県道佐野行田線から県道館林藤岡線までの延長1100m、幅員25mで計画され、並行して進められている東部環状線の延伸部分にあたる。平成15年度から工事発注して工事の進捗を図ってきたが、用地買収なども残っているため、事業費ベースで16年度末までの進捗率は70%程度となっている。今後は、18年度の完成、19年度からの暫定2車線道路としての開通を目指す。交差点補償業務と道路詳細設計変更業務を関東測量(前橋市下小出町3-2-7電話027-232-2111)が担当した。
 17年度は、用地買収5700㎡、建物補償2件を予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野