業界記事

4月末で6・0%に/公共工事執行状況

2005-06-01

 県農地局は、平成17年度の公共工事の執行状況で4月末現在分をまとめた。
 それによると、4月末現在で、執行予定額98億695万6000円に対し、工事41件を起工し、執行額は5億8504万4000円となった。
 執行率は6・0%で、前年度同期と比べ8・5ポイントのマイナスとなった。
 これらを前年度同期と比較すると、執行予定額は1億2828万5000円減(昨年度・99億3524万1000円)、工事件数は30件減(同・71件)、執行額は8億5522万8000円減(同・14億4027万2000円)と、すべての項目で前年度を大幅に下回った。
 これらを反映したため、執行率も前年度の14・5%を8・5ポイント下回り、大きく割り込む結果となった。
 担当課別での内訳をみると、農村計画課は湛水防除事業や地盤沈下対策事業などで執行予定額12億8357万円に対し、工事件数3件を起工、執行額は1億128万円となった。
 農地整備課は、経営体育成基盤整備事業や県営畑地帯総合整備事業などで執行予定額55億2316万1000円に対し、工事件数31件、執行額は3億8426万8000円。
 農村環境課は、広域営農団地農道整備事業や農道環境整備事業など執行予定額30億22万5000円に対し、工事件数7件を起工、執行額は9949万6000円となった。
 17年度の4月末現在の執行状況(事業別、事務所別)は別表のとおり。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野