業界記事

工事は7月にも/防火備蓄倉庫新築

2005-04-29

 吾妻郡東村総務課は、防火備蓄倉庫の新築工事を行うため、今年度の当初予算に工事費として2000万円を計上した。
 計画では、同倉庫を役場内にある第一社会体育館の北側に整備するもので、2階建てを予定。構造や規模等は、設計後に詰めていくとしており、設計は6月の委託を想定。1か月程度の履行期限を設定し、7月からの工事着手を目指す。
 同村では現役場庁舎建設の際、役場分団を建設する計画が立ち上がったが、諸事情により延期となっていた。当時の予定規模は、S造2階建てで、1階には緊急用車両の駐車場と備品貯蔵室、2階には会議室などを設置する計画だった。今回は倉庫としての使用となるため、当時計画していた施設よりも半分程度の規模となる見込みだ。
 同村は、吾妻町との合併を18年3月末に控えている。そのため、工事は、消防団の機構改革を前提に進める事業として位置づけられており、いずれは地域の防災の拠点となることを視野に入れている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野