業界記事

2次採択希望に15地区/小規模土地改良事業

2005-04-29

 県東部農業事務所農村整備課は、市町村等が事業主体となって実施する小規模土地改良事業の2次採択希望箇所を明らかにした。それによると、採択希望地区は15地区で事業費1億3900万円。うち4651万6000円が県の補助となっている。今回の希望箇所は、16年10月に要望のあったものから、詳細を検討。現地などを実施し7月頃から開催される第3者委員会の了承を得て、正式な採択となる。
 事業別に見るとかんがい排水が8地区で事業費4000万円(県補助1460万円)、農道整備が4地区で事業費7700万円(同2376万6000円)、農業用施設保全整備が3地区で事業費2200万円(同815万円)となっている。
 事業主体別の整備内容は次の通り。
【太田市】
中根地区は用水路工200mを実施、事業費280万円を計上し11月の発注を予定している。沖之郷地区では用水路工150mを計画、事業費230万円を予算化し11月の発注となる。藤阿久地区では用水路工250mを実施、事業費610万円を計上し11月に発注する。牛沢地区では用水路工180mを計画。事業費は290万円で11月に発注する。高林北地区では用水路工300mを実施、事業費は590万円で11月の発注となる。寒沢地区では水路整備工300mを計画。800万円を計上し11月の発注を目指す。中畑地区では農道改良整備工340mを予定。2000万円を予算化し11月に発注する。桑木島地区では農道改良整備工280mを実施。事業費2000万円を予算化し、11月頃の発注を予定。東油田地区では農道改良整備工220mを計画。1700万円を計上し11月に発注する。八ツ池地区では排水路改修工180m(W600)と50m(W400)を予定。事業費1500万円を計上し9月頃の発注となる。
【新里村】
上赤坂地区では農道改良整備工300m、W5・5m(下層、上層、表層)を実施。事業費2000万円を計上しており、10月に発注する。
【桐生市】
広沢地区では水路改修工50mを計画。500万円を予算化しており、10月の発注を予定している。
【待矢場両堰土地改良区】
太田市新田堀地区では防護策改修工1000mを予定。事業費1000万円を予算化し11月に発注する。太田市安良岡地区では防護策改修工60mを計画。200万円を計上し11月の発注を目指す。
【下塩原水利組合】
大間々町塩原地区では排泥管改修工を予定。事業費200万円を試算し10月頃の発注となる見込み。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野