業界記事

霞ケ浦浄水場の改築へ/今年度事業執行方針発表/詳細設計策定業務に着手

2005-04-28

 県企業局は、今年度からの中期経営計画(17~21年)に基づく17年度事業執行方針を明らかにした。今年度の資本的支出は、前年度と比較して8・3%の増となる294億6358万9000円とし、このうち水道用水供給事業には霞ケ浦浄水場の改築に向けた用地取得費などを中心に建設費35億6781万6000円を計上。工業用水道事業では、昨年度に続く鹿島浄水場の改築などで建設費21億8221万5000円を盛り込んだ。なかでも霞ケ浦浄水場の改築は、平成18年度の本格着工に向けて、用地取得を進めつつ詳細設計を策定する意向だ。
 今年度を初年度に平成17年度まで5か年間を計画期間とする第2期「中期経営計画」によると、17年度は、企業債の抑制や繰上償還を実施して資本費負担の軽減を図るとともに、老朽施設の計画的な改築・更新を図るための改修計画の策定に着手する。
 このうち水道用水供給事業については、老朽化の著しい霞ケ浦浄水場改築の費用や耐塩素性病原微生物(クリプトスポリジウム)に対応するための濾過池改造工事(16~17年度)を推進する。
 なかでも県南広域上水では、霞ケ浦浄水場改築等の工事費に15億547万9000円を計上。昭和32年に建設された同施設が老朽化が著しいことから平成22年度の供用を目途に総事業費約200億円で改築に踏み切るもの。18年度の本格着工を目途に、今年度は土地の先行取得(費用約5億円)と詳細設計に着手する。
 鹿行広域上水については、鹿島浄水場の改築に絡んで脱水機、流量計、送水ポンプ、送水管布設等の工事費に10億8618万6000円を計上。実施設計は(株)日水コンが策定した。
 このほか、県西広域上水では浄水施設工事費等に1億9270万5000円を、県中央広域上水では浄水施設および送水管布設工事費に7億8344万6000円を盛り込んだ。
 一方、工業用水道事業は、引き続き鹿島浄水場の改築や、大強度陽子加速器(J-PARC)への給水に向けて、県央広域工水における東海ルート関連の施設整備を計画的に推進する。
 このうち鹿島工水では、19年度完了を目指す鹿島浄水場の改築をメーンに工事費14億4478万円を計上。引き続き今年度は沈殿地の機械設備や排水処理施設、汚泥処理施設などを整備する。なお、昨年度に(株)日水コンで基本計画を策定した鰐川浄水場に関しては、送水管の工事のみに止める。
 県央広域工水には、薬品沈殿地や配水管布設工事などに5億6049万6000円を計上し、平成20年4月から稼動するJ-PARCに合わせて、19年度までに工事を完了させる見通し。
 このほか、県南広域工水では配水管布設替工事などに1億1913万2000円を計上。県西広域工水では混合槽除塵装置の設置工事などに4751万1000円、那珂川工水では排水槽ポンプ設備の工事などに1029万6000円を、それぞれ盛り込んだ。
 なお、各事業の全体概要は次の通り。
【水道用水供給事業】[◆名称<1>給水対象市町村等<2>一日最大給水量(計画)<3>取水河川等<4>計画給水人口<5>給水開始<6>建設期間<7>施設整備費<8>水源費(うち次期分)<9>17年度の施設建設工事等費(概要)]
◆県南広域水道用水供給事業<1>8市町村1企業団<2>30万6075立方m(30万6075立方m)<3>霞ケ浦・地下水・利根川<4>66万1500人<5>昭和35年12月<6>昭和32~平成20年度<7>622億2900万円<8>604億1600万円(163億7900万円)<9>15億547万9000円(霞ケ浦浄水場改築等)
◆鹿行広域水道用水供給事業<1>10市町村<2>8万4000立方m(10万8000立方m)<3>北浦・鰐川<4>29万3680人<5>昭和43年8月<6>昭和41~平成20年度<7>420億1300万円<8>106億7100万円<9>10億8618万6000円(脱水機、流量計、送水ポンプ、送水管布設等)
◆県西広域水道用水供給事業<1>19市町村<2>8万立方m<3>霞ケ浦・鬼怒川・利根川<4>50万1200人<5>昭和63年4月<6>昭和55~平成18年度<7>444億円<8>361億6800万円(155億8000万円)<9>1億9270万5000円(送水施設工事等)
◆県中央広域水道用水供給事業<1>13市町村1企業団<2>7万8000立方m(24万立方m)<3>那珂川・涸沼川<4>93万1300人<5>平成4年1月<6>昭和60~平成21年度<7>845億8300万円<8>208億7800万円<9>7億8344万6000円(浄水施設および送水管布設工事等)
【工業用水道事業】[◆名称<1>給水区域(給水済市町村)<2>給水先<3>一日最大給水量(計画)<4>取水河川等<5>給水開始<6>建設期間(改築期間)<7>施設整備費(改築費)<8>水源費<9>17年度の施設建設工事等費]
◆那珂川工業用水道事業<1>2市<2>6社9事業所<3>7万6680立方m<4>那珂川<5>昭和41年10月<6>昭和37~平成7年度(平成8~14年度)<7>40億2400万円(30億7300万円)<8>4億1800万円<9>1029万6000円(排水槽ポンプ設備工事等)
◆鹿島工業用水道事業<1>3市町<2>64社72事業所、3団体4事業所<3>88万5000立方m(96万立方m)<4>北浦・鰐川・地下水<5>昭和44年2月<6>昭和41~平成6年度(平成10~19年度)<7>329億円(178億3000万円)<8>939億1800万円<9>14億4478万円(浄水施設改築等)
◆県西広域工業用水道事業<1>15市町村(17市町村)<2>140社155事業所<3>7万9650立方m(8万5000立方m)<4>霞ケ浦・小貝川<5>昭和63年4月<6>昭和55~平成19年度<7>257億2700万円<8>185億3300万円<9>4751万1000円(混合槽除塵装置設置工事等)
◆県南広域工業用水道事業<1>5市町(13市町村)<2>52社55事業所<3>4万立方m(8万立方m)<4>霞ケ浦<5>平成9年7月<6>昭和60~平成19年度<7>388億6300万円<8>78億9600万円<9>1億1913万2000円(配水管布設替工事等)
◆県央広域工業用水道事業<1>3市村(7市町村)<2>14社14事業所<3>2万3000立方m(6万2000立方m)<4>那珂川<5>平成13年10月<6>平成7~22年度<7>189億500万円<8>51億2600万円<9>5億6049万6000円(薬品沈殿池および配水管布設工事等)
【地域振興事業】
◆土地造成事業(阿見東部工業団地造成事業、阿見町星の里地区、約65ha)
◆ヘリコプター格納庫事業(つくばヘリポート格納庫、2棟、1600㎡)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野