業界記事

県の総合評価方式/諏訪建はなぎさ整備2件

2005-04-23

 県が公表している、17年度の総合評価落札方式による案件をまとめた。このうち中南信地区においては、土木部で11件、農政部で2件の計13件を予定している。
 土木部の11件の内訳は、8件が工事成績等簡易型で、残り3件が技術等提案型。犀川砂防事務所以外の各事務所で発注を計画しており、諏訪建、飯田建および姫川砂防事務所では2件を予定している。
 諏訪建の場合は、統合河川整備(諏訪湖)の2件を予定している。概要はなぎさ整備工で、諏訪湖(2)がL300m、同(3)がL200m。価格点の占める割合はともに92・5点となっており、工事成績には5点が振り分けられている。
 また、飯田建および姫川砂防は簡易型と提案型各1件の発注を見込む。提案型については、豊科建の1件も含め3件とも技術提案には20点を配分。価格点は飯田建が72・5点、他2件は74点となっている。
 農政部の2件は、木曽地方事務所と上伊那地方事務所で発注予定。木曽の畑総西山地区区画整理工事は22日付けで公告となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野