業界記事

年度内に2工種試行へ/ユニットプライス型積算

2005-04-27

 国土交通省関東地方整備局はユニットプライス型積算方式で、既に行っている「舗装」に続き、準備が整えば年度内に「道路改良」「築堤護岸」の2工種でも試行する意向を示した。28日に行われる出先事務所の副所長会議において、認識統一を図る。
 「道路改良」と「築堤護岸」の試行開始に向けて同省では、単価データの収集・調査分析を進めており、まとまり次第、早期に実施へ移る方針としている。
 ユニットプライス型積算方式の試行は、16年度から開始。「舗装」工事で先行的に取り組んでおり、関東整備局では2月に入札した川崎国道事務所の「環状2号線舗装工事」が対象となった。
 なお「舗装」工事については今年度、管内すべての国道事務所から原則1件ずつ試行することとなっており、対象案件など、今後の動向が注目される。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野