業界記事

富士見町の実施計画/学校耐震は18年度工事/道路や上下水道を

2005-04-22

 諏訪郡富士見町が実施計画(17~19年度)を策定した。3箇年の事業費総額は117億2630万円。道路改良や上下水道管渠埋設に予算を見積もったほか、学校耐震補強(18年度工事)や駅前広場整備(19年度工事)なども掲げている。
 都市計画では、信濃境地区及び富里・新田地区で区画整理を計画。信濃境は18年度調査、19年度組合設立及び事業認可。富里・新田は19年度調査を予定している。
 道路改良は信濃境田端線(池袋)で17年度L220m、18年度L170mを計画。新規の西山環状線(とちの木)が挙がっており、L120m×W10mを整備する。舗装補修は西山環状線や乙事流川線などで予定。
 上水道の送排水施設整備は道路改良関連に計9830万円を投入。老朽管更新には2億5000万円を見込んでいる。下水道の管渠単独事業は富士見処理区が計L1700mを、境処理区は計L2600mの管渠埋設を予定。ともに2億円超の事業費となる。
 福祉では清泉荘公園整備を18年度に予定、1500万円を見積もっている。今年度の保育園整備は約8000万円。
 学校施設耐震補強事業は南中・本郷小・落合小で計画。17年度耐震診断調査、18年度工事を予定。考古館では18年度体験棟建設1680万円を試算。また改築計画もあり、18年度には基本計画を策定する。
 富士見駅前広場整備は18年度調査、19年度工事。工事費は2億円を試算した。また庁舎については各年で外壁改修を推進、17年度は裏側、18年度は北側、19年度は東側について実施する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野