業界記事

フィンランド型福祉を導入/健康福祉センタープロジェクト

2005-04-22

 阿賀野市は20日、フィランド共和国と共同で行う「阿賀野フィンランド健康福祉センタープロジェクト」の記者発表を同市役所において行った。
 これは、市が京ケ瀬地区下黒瀬地内に整備を計画する「仮称・福祉の駅」(道の駅、保健福祉施設、高福祉型住宅等で構成)や水原地区百津地内で計画する「特別養護老人ホーム」を拠点とし、福祉先進国であるフィンランド型福祉の技術・ノウハウを導入、保健福祉施策の向上や地域産業の振興、国際交流の推進などを図るもの。
 市では、今年度に「仮称・福祉の駅」の基本計画及び特別養護老人ホームの基本設計を策定する予定。フィンランド側は、これらに関するコンサルタントや高齢者の在宅介護・自立支援の技術・ノウハウの提供などを行う方針だ。
 当日は、本田富雄阿賀野市長、エーロ・サロヴァーラ駐日フィンランド共和国特命全権大使閣下らが出席。プロジェクトに関する議定書の交換等を行った。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野