業界記事

3地区を一次採択/小規模土地改良事業

2005-04-20

 県中部農業事務所農村整備課は、市町村等への県単補助事業で水路や農道を整備する小規模土地改良事業の1次採択地区を明らかにした。
 採択件数は、田植え前に緊急的な整備が必要な3地区を採択した。この3地区は、高松林地区(富士見村)、西尾引地区(前橋市)、山上道上地区(前橋市)。このうち、高松林地区については18日に発注され、椛沢土木が940万円で受注。残る2地区も準備が整い次第順次工事に着手する。
 小規模土地改良事業は、ぐんま地域農業「夢」支援事業の1メニュー。
 採択にあたっては、地域の創意工夫や自主性を生かし、特色ある地域農業農村の活性化を一層効果的に進めていく事業を基本としており、各農業事務所長が採択を決定。2次採択は6月頃になる見通し。
 今回採択された3地区の事業計画については次の通り。
【高松林地区】
既設水路は老朽化が進み取水に支障をきたしているほか、漏水等による宅地への被害が懸念されるため水路を改修する。延長は220mで、U字溝(300×300)、管路工(φ300~400mm)を整備する。事業費は約1100万円。
【西尾引地区】
道路が未舗装で雨水等による凹凸があり、通作等に支障をきたしている。このため、延長287m(W4m)を対象に道路工を実施する。事業費は約1000万円。
【山上道上地区】
道路が未舗装で陥没等もあり、通作等に支障がある。また、小学校の通学路にもなっており、児童の安全性向上のため道路を整備するもの。延長は340m(W3・7m)。事業費は約1380万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野