業界記事

291号直轄権限代行で本格復旧/今年度事業概要/当初予算額138億

2005-04-20

 国交省北陸地方整備局長岡国道事務所(杉村明所長)は今年度の事業概要を明らかにした。同事務所の予算額は138億9000万円(対前年度当初比4・6%減)。今年度は291号線等で中越地震の災害復旧に全力で取り組むほか、一般国道8号新組高架橋や稲葉川橋において耐震補強工事を、小千谷大橋などで橋脚補強工事を緊急対策工法により進める方針だ。
 事業費の内訳は改築事業費に59億7000万円、管理事業費に71億5100万円、その他(調査費、建設機械設備費、附帯工事費、受託工事費)に7億6900万円。
 事業概要は次の通り。
[広域的連携交流・活力ある地域づくり]
▽地域高規格道路・一般国道253号=八箇峠道路(十日町市八箇~南魚沼市余川、L9・7km)の道路計画確定と用地買収及び工事を推進。早期に構造及び見直しルートを確定し、用地買収を推進するほか、本線工事及び工事用道路に本格着手する予定
▽一般国道289号一次改築=八十里越(下田村塩野渕~福島県只見町叶津、L11・8km)の9号トンネルを推進(全長L3173mのうち4月現在の掘削延長はL977m)。また、今年度は5号トンネルに着手するほか、馬追沢改良工事等を推進する
▽一般国道8号=栄拡幅(栄町猪子場新田~千把野新田、L5・1km)。栄町一ツ屋敷交差点改良のための用地買収を推進
▽一般国道8号=柏崎バイパス(柏崎市長崎~鯨波、L11・0km)で改良及び舗装工事を推進し、新豊田橋L149mを含む柏崎市山本~東原町間L0・5kmについて、暫定2車線で供用するほか、用地買収を推進する
▽一般国道17号=六日町バイパス(塩沢町竹俣~南魚沼市庄之又、L5・1km)について南魚沼市小栗山~余川間の暫定2車線での部分供用を目指し、改良工事に本格着手するほか、六日町地区と小栗山地区の用地買収及び埋蔵文化財調査を推進する
▽一般国道17号=浦佐バイパス(南魚沼市市野江甲~魚沼市虫野、L6・6km)の用地買収を推進する
[安全で安心な地域づくり]
◎中越地震震災復旧:▽一般国道8号・17号・116号の中越地震災害復旧事業=今年度内に本復旧を終えるべく工事を推進▽一般国道291号「直轄権限代行災害復旧事業」の本格復旧に向けての始動=昨年度内にトンネル・橋梁工事を含めた7工事を発注しており、雪解け後すぐに工事着手する。その他の工事についても早急に発注を行い、早期の復旧を目指す
◎防災対策:▽一般国道8号=大積地区法面対策事業(長岡市大積)の工事推進▽一般国道17号=湯沢地区落石対策事業(湯沢町八木沢ほか)の工事推進
◎橋梁耐震補強:▽一般国道8号=新組高架橋(長岡市新組町)及び稲葉川橋(長岡市内)の耐震補強工事推進▽一般国道17号=新佐梨橋及び堀之内橋(魚沼市)、小千谷大橋(P2橋、小千谷市)の橋脚補強工事推進※緊急対策工法を採用
◎冬期交通の安全確保:▽一般国道17号湯沢町三国火打のスノーシェッド工事推進及び湯沢町の雪崩防止柵工事推進▽除雪困難箇所の消融雪施設の整備・更新
◎交通安全対策事業(自転車歩行者道):▽一般国道17号魚沼市板木自歩道の工事完了及び南魚沼市五日町自歩道の工事推進
◎交通事故対策事業(交差点改良等):▽一般国道17号塩沢町砂押交差点改良及び同町関山地区事故対策(対向車接近装置)の工事着手
[美しさと自然豊かな文化の香りがする地域づくり]
◎沿道環境改善事業(低騒音舗装、総延長4km):▽一般国道8号=柏崎市長崎~土合の工事完了▽一般国道17号=南魚沼市一村尾の工事完了
◎電線共同溝整備事業:▽一般国道8号=柏崎市日吉地区(L660m)及び穂波地区(L800m)の工事推進

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野