業界記事

諏訪地事所の土地改良/広域農道は芹ケ沢橋梁など

2005-04-19

 県諏訪地方事務所土地改良課は、7年度から進める八ケ岳西麓地区の広域営農団地農道整備事業において、17年度は、構造物としては最後となる芹ケ沢橋梁の上下部工などを実施する計画だ。4月当初の年間発注計画(発注予定)によると、これを含め工事14件、業務委託5件の発注を見込んでいる。
 同事業の全体概要は茅野市、富士見町および原村に跨る農道の新設(2車線)で、L1万2435m×W6(10)m規模。18年度までの12箇年に165億8500万円の事業費を投入する計画で、16年度末までの進捗率は事業費ベースで87・1%。
 芹ケ沢橋梁については下部工(橋台2基)は6月、上部工(PCポストテンションT桁橋L37m)は8月の入札を設定している。工期は下部工が約6箇月、上部工が約7箇月を見込む。国土監理が詳細設計を担当している。
 また、豊平橋梁上部工その2工事は6月に入札の予定。工事概要はPCポストテンションT桁橋L68mで、工期は約7箇月。今年3月に発注された同橋梁上部工その1(ポストテンションT桁橋L100・8m)工事は、鹿島建設が受注している。
 このほかの発注予定工事は、立沢大橋においての落下物防止柵(5月)、照明施設(6月)、豊平工区道路その3(8月)など。業務関係は、札沢工区と豊平工区の取付道路設計などの発注が控えている。(発注予定の詳細は別紙参照)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野