業界記事

今年度で実施設計へ/西公民館の移転改築事業

2005-04-19

 古河市は、移転改築工事を計画している西公民館について、早ければ6月にも実施設計を委託する見通しだ。今年度は設計の策定まで進めて、建設については18年度以降になるものとみられる。
 移転建設予定地は、横山町地内。計画では現在、本町地内にある西公民館の劣化が著しいことから、施設の移転改築を進めて、住民福祉の向上を図っていく。
 建物は、昭和38年に建設され、これまでにダンスホールでの床の張り替えや雨漏りなどの修繕を実施したものの、大規模な改修工事は行っていない。
 基本設計については既に昨年度、長塚建築設計事務所が策定している。新公民館は現在のものと同規模の100㎡程度で計画している。
 今後、早ければ6月にも実施設計を委託する見通しとなっている。今年度は設計の策定を進めて、18年度以降の着工を予定している。
 今年度予算には、西公民館改築事業実施設計費として1000万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野