業界記事

3分離で連休明け/中新井小の校舎増築工事

2005-04-18

 所沢市は、17・18年度の2か年継続で中新井小学校増築を行う。延べ床面積611㎡の増築校舎と同620㎡の自校給食調理場を建設する内容で、発注形態はともに指名競争による建築、電気、機械の3分離。先行する校舎増築は、6月議会案件として、5月の連休明けにも発注する。今年度当初予算には、2か年継続費3億5044万円を設定した。
 事業は児童数の減少が著しい並木東小学校と中新井小学校を統合し、合併新設校とするため、施設整備を行うもの。開校は18年4月1日。
 増築する普通教室棟はRC造3階建て、延べ床面積611㎡の規模。1階に地域開放型多目的室を置き、2階以上に普通教室4教室、トイレなどが入る。
 秋頃の着手を目指す自校給食調理場は、S造2階一部4階建て、延べ約620㎡。ドライシステム調理場で、電化厨房施設、ランチルーム、給食配膳用エレベーターを設ける。
 設計業務は松下建築設計事務所(さいたま市、電話048-663-4118)が担当した。
 中新井小学校は並木8-4に位置。敷地面積1万8765㎡。校舎は、昭和53年(延べ3638㎡)建設後、同57年(540㎡)、平成元年(154㎡)にそれぞれ増築。RC造4階一部3階建て。体育館は昭和56年建設のS造平屋944㎡。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野