業界記事

今年度は委託業務/開田地区を新規事業化

2005-04-15

 県中部農業事務所農村整備課は、今年度から開田地区の県営事業をスタートする。
 経営体育成基盤整備事業を導入する計画で、開田地区は昭和初期に土地改良事業を実施しているが、農道は幅員狭小で車両の進入が困難となっている。
 また、用水路及び排水路が素堀りのため冠水被害や路肩の崩壊等が起きるなど、営農に支障をきたしている。このため、担い手への農地集積を進めることで営農効率を向上させる。
 受益地域は、伊勢崎市境上武士、下武士、木島、伊与久、百々など。
 工事概要は、農道約4700m(W4~5m)の舗装や、用水路L4900m(ベンチフリューム300~550)、排水路L8300m(穴あきU字溝、柵渠400~600、板柵土水路)--等。
 工事実施においては、水田や周辺に生息する生物が事業完了後も住みつづけられるよう配慮。環境配慮型の水口分水口、脱出スロープ付継手水槽、組合せ排水路、土水路などを用いる。
 事業期間は21年度までとし、総事業費には5億円余りを試算、17年度予算額は5000万円で初年度として委託業務を予定している。
 16年度は、事業採択に向けた最終準備として農道や用排水路などの計画概要書を作成。業務は、プロファ設計(伊勢崎市下触629-1電話0270-62-2111)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野