業界記事

今年度は計480m実施/村道3路線の改良

2005-04-14

 片品村農林建設課は、村道摺渕花咲線、越本花咲線、東小川越本線の3路線の改良工事を17年度も引き続き促進していく。設計は、3路線ともに同課内部で作成。
 村道摺渕花咲線は、L約4000mを対象に幅員を約4・5mから約7mに拡幅するもので、16年度末までにL3600m程度が終了。今年度は、L100m区間を整備する。工事は、10月を予定している。
 村道越本花咲線は、全体延長約5000mを対象とし、幅員約6mを約7mへ拡げるもので、17年度は、延長100mの整備を見込んでいる。16年度までにL約4900mが終了しており、今年度内に整備完了となる。発注は、10月を想定している。
 村道東小川越本線は今年度、L280m、W5m区間の舗装や法面に着手。法面工は、300~400㎡を対象にPMC工法で施す。7月からの着手を目指す。
 3路線とも、住民からの要望から計画されたもので、大型車とのすれ違いが困難なことや冬期の積雪による車道の狭隘、スキー客の車両増などから事業化された。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野