業界記事

第2四半期に初弾工/鴻沼川堤外水路全長800mを5か年で/建設局

2005-04-13

 さいたま市建設局は、準用河川滝沼川堤外水路約800mの改修工事を今年度から5か年計画整備する。初弾工は第2四半期に一般競争で延長140m、副員8~28m、高さ3・5mの開削工事と、人道橋2橋を一括で発注する。
 同堤外水路は、西区地内を流れる滝沼川が国道16号上江橋付近の排水機場から、荒川堤外水路を経て、荒川に放流している。
 しかし、堤外内の水路副員が狭いうえ、蛇行していることから排水能力が悪く、流域の浸水被害をもたらしている。これまでに、水路拡幅に向け、国土交通省と調整を進めていた。
 整備計画では、蛇行している既存水路をほぼ直線形にし、水路幅を管理用道路含め最大34mに拡幅する。
 整備場所は民間ゴルフ場コース内となっているため、利用者用の人道橋を2橋設ける。
 堤外不は近隣市と入り組んでおり、工事場所は川越市古谷本郷地内となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野