業界記事

採択に向け調査着手/上野合地区の農集排事業

2005-04-12

 東茨城郡茨城町は、農業集落排水事業で新たに計画している上野合地区の整備について、平成19年度の事業採択に向けて17年度、測量設計などの調査を実施する。現在、町では地元に対し説明会を開くなどして候補地の選定作業を進めている。
 町担当課によると、今後、6月頃までに具体的に候補地を決定し、19年度の事業採択に向けて測量設計調査に着手したいとしている。
 対象となる集落は、上野合地区の小幡と五里峰の2集落で、戸数は462戸を想定。平成19年度から事業に着手し、整備する管路延長は1万7538m、中継ポンプ施設は21箇所に設置する計画。総事業費は、25億2250万円(補助22億7250万円・単独2億5000万円)を試算している。
 なお、この上野合地区は、同町としては平成15年度に供用開始した涸沼南地区に次いで4箇所目となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野