業界記事

直轄砂防に42億円/補助は砂防(40億)など/17年度河川局県内箇所付

2005-04-09

 国土交通省は、河川局に係る今年度の直轄補助事業箇所の予算配分を明らかにした。本県関係の直轄事業では河川事業に27億1160万円、砂防事業に42億300万円を配分。また、補助事業の河川に12億1500万円、河川総合開発事業に33億4020万円、通常砂防40億7500万円、地すべり対策事業に6億1000万円、総合流域防災事業に29億4700万円、急傾斜地崩壊対策事業に11億5900万円をそれぞれ配分する。
 直轄事業では、富士川関係の一般河川(10億8100万円)、河川維持修繕(14億6000万円)、直轄総合水系環境整備事業(1億6600万円)、砂防事業で中ノ川砂防堰堤群・堰堤工(2億8700万円)、黒川砂防堰堤群・堰堤工(3億5500万円)、大武川上流砂防堰堤群・堰堤工(7億円)など16箇所に44億300万円をそれぞれ配分した。
 補助河川事業では、広域基幹河川で鎌田川など5箇箇所に2億円、河川統合開発事業で琴川ダムに33億4020万円を充てる。
 補助関係の砂防事業では、通常砂防で17流域の60箇所に31億円、火山砂防で4流域の15箇所に8億5500万円、環境整備事業に1億2000万円、地すべり対策で12箇所に6億1000万円、総合流域事業に29億4700万円、急傾斜地崩壊対策事業で32箇所のアンカー工、ボーリング工などに11億5900万円を充てる予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野