業界記事

賑わい創出検討など/今年度事業計画まとまる

2005-04-11

 さいたまタワー実現大連合(総代表石原信雄、事務局新都心立地調整課)は17年度の事業計画をまとめた。賑わい創出戦略の検討や事業スキームの検証を促進させる。
 17年度予算総額は約4500万円を計上。このうち事業費は4453万6000円でさまざまな委託費が合計で3327万2000円となっている。
 主な事業計画調査活動は、南側中核施設群内にある県有地と都市再生機構の所有地の交換を円滑に行うために、各種条件整理を行う。
 放送事業者に提案した計画内容の精度を高めるため関係機関との必要な協議を進め、最適な事業スキームの検証を実施する。両事業で合計2385万6000円を予算化。
 さいたま新都心のさらなる賑わいを創出するため、タワー立地に伴う効果の検討や賑わい創出戦略を検討する。予算額は273万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野