業界記事

17年度予算/一般会計は3・7%減/木曽町庁舎整備には1億余

2005-04-07

  木曽郡木曽福島町の17年度当初予算は、一般会計が前年度当初比3・7%(1億4900万円)減となる38億7500万円で編成された。新規事業の木曽町庁舎整備や木曽川親水空間整備、中心商店街環境整備に加え、継続の上の段歴史街並再現、熊沢幸沢線改良などに取り組む。
 普通建設事業費(3億8177万円)は全体の9・9%を占め、前年度当初と比べると8・4%の伸びを示している。
 木曽町庁舎整備には、設計監理委託に401万円、庁舎整備工事に1億800万円を計上した。木曽町合併協議会では、木曽福島町の大同キャスティング工場跡地の管理事務所を改修し、仮事務所とする案を2月14日の同協議会で確認している。11月1日の合併期日を目標に、新年度早々に着手する見通し。
 中島親水公園整備や城山線展望デッキ整備を予定する木曽川親水空間整備では、工事費に3800万円を充てる。また、測量設計委託にも450万円を盛っている。同じく新規着手の中心商店街地区環境整備では、上町道路美装化に工事費2100万円を見込む。
 上の段歴史街並再現では、道路美装化に2100万円、駐車場整備に1800万円を投入し、整備促進を図る考え。
 熊沢幸沢線改良については、大平上の舗装改良L200mに工事費910万円を盛っている。
 道路関係は電源立地地域対策交付金で、町道丘ノ上線(舗装補修L217m)、町道大手橋線(舗装補修L78m)、林道木曽駒山麓線(舗装補修L104m)の整備を予定しており、工事費に1370万円の予算付けを行った。
 さらに、災害復旧で、地蔵峠線など6箇所の公共土木施設に6025万円、杭ノ原頭首工護岸に645万円の工事費を組んでいる。
 一方、特別会計は、公共下水道が総額9億4722万円。これは、前年度当初と比べ0・3%のプラス編成で、伊谷地区(L790m)、杭の原地区(L505m、L104m)、上野地区(L777m)などで管渠布設を進める。管渠設計監理委託に1084万円、管渠布設工事に2億9959万円を盛った。また、特環公共下水道では、管渠布設工事に8582万円を充て、黒川中部地区(L1250m)で施設整備を促進する。
 簡易水道等特会は、前年度当初比7・2%増となる総額1億1322万円。正の平や黒川渡合などの配水管布設替工事に4175万円の予算を組み入れている。
 水道事業会計の資本的支出は、前年度当初と比べると21・5%減となる総額2億5494万円。このうち、設備拡張の配水管布設替には1979万円、下水道関連には1億4324万円、道路改良に伴う布設替には1806万円の工事費を計上している。
 木曽福島町の当初予算歳出概要は次の通り。(単位千円)
《一般会計》
【総務費】
◆木曽町庁舎整備事業◇設計監理委託=4、011◇庁舎整備工事=108、000
◆財産管理修繕=1、200
◆町有林保育事業(東又A38・4ha、黒石A9・4ha、戸立A4・5ha)◇委託=8、858◇重機借上=463
◆イベント倉庫整備工事=2、048
◆郡民会館修繕=567
◆町防災行政無線◇修繕=1、300◇無線局再免許申請委託=487◇戸別受信機購入=1、680
【民生費】
◆老人福祉修繕=300
◆老人憩いの家修繕=100
◆保育所総務調査委託=200
◆福島保育所修繕=270
◆上田保育所修繕=250
【衛生費】
◆公衆便所維持事業修繕=200
◆合併浄化槽設置整備事業補助金(8人槽3基)=1、557
【農林水産業費】
◆鉱泉利用施設水中ポンプ取替工事=334
◆滞在型体験農園施設修繕=100
◆土地改良施設維持管理適正化事業◇設計監理委託=370◇工事=4、500▽永田用水(伊谷)水路補修L180mベンチフリューム500型
◆県営中山間地域総合整備事業負担金(中谷・川上・根曽地区ほ場整備、正沢集落道、防災行政無線中継所整備ほか)=28、373
◆地籍調査委託(関町、上町地区)=3、707
◆林道維持◇林道補修作業機械借上=200◇林道補修工事=500
◆流域公益保全林整備事業補助金(民有林A65ha)=1、736
◆熊沢幸沢線改良事業◇設計監理委託=700◇工事=9、100▽大平上-舗装改良L200m×W5m
【商工費】
◆公園等施設管理修繕=100
◆上の段歴史街並再現事業◇測量設計委託=4、200◇道路美装化工事=21、000◇駐車場整備工事=18、000◇用地購入=4、800
◆街なみ環境整備事業◇修繕=1、000◇上町ギャラリー給排水工事=2、000◇民間空間修景補助金=4、500
◆駅前周辺整備事業◇調査設計委託=800◇駅坂修景工事(緑化整備)=20、000
◆木曽川親水空間整備事業(中島親水公園整備、城山線展望デッキ整備)◇測量設計委託=4、500◇木曽川親水空間整備工事=38、000
◆中心商店街地区環境整備事業◇測量設計委託=1、500◇上町道路美装化工事=21、000
◆保健休養地管理事業◇修繕=100◇保健休養地内環境整備委託=1、000◇登記委託=249
【土木費】
◆道路橋梁◇道路敷登記測量委託=1、800◇道路台帳補正委託=1、300◇公図修正委託=370
◆道路側溝補修工事(下水道関連)=5、000
◆道路・側溝修繕◇修繕=100◇重機借上=270◇道路修繕工事=10、000◇道路補修材料=350
◆外灯維持管理◇修繕=600◇外灯新設工事=700
◆除雪対策◇修繕=1、600◇凍結防止剤材料=4、000◇除雪委託=16、000
◆電源立地地域対策交付金事業◇測量・設計委託=450◇工事=13、700▽町道丘ノ上線(丘ノ上)舗装補修L217m×W4m▽町道大手橋線(大手町)舗装補修L78m×W5m▽林道木曽駒山麓線(正の平)舗装補修L104m×W6m
◆公営住宅管理修繕=1、500
【消防費】
◆非常備消防修繕=1、100
◆消火栓新設改良負担金(6基)=3、000
【教育費】
◆事務局修繕=1、650
◆福島小学校管理◇修繕=1、100◇体育館屋根補修工事=2、830
◆福島小学校給食◇修繕=100◇給食物資納入ドア補修工事=229
◆上田小学校管理◇修繕=500◇プール周辺工事=651
◆福島中学校管理修繕=1、000
◆福島中学校給食修繕=100
◆幼稚園修繕=120
◆町民プール管理事業修繕=200
◆憩の里公園木橋補修工事=1、600
◆町民球技場管理事業下水道接続工事=210
【災害復旧費】
◆公共土木施設災害復旧◇修繕=180◇測量設計委託=2、900◇地質調査委託=3、000◇工事=60、255▽道官線(折橋上)L15mブロック積工、敷砂利工▽地蔵峠線(茶屋下)L7mブロック積工、舗装工▽地蔵峠線(唐沢滝上)L10mブロック積工、舗装工▽地蔵峠線(樽沢上)L9mブロック積工、舗装工▽地蔵峠線(茶屋上)L20m大型ブロック積工、舗装工▽地蔵峠線(一ノ萱奥)L13m大型ブロック積工、舗装工
◆農業施設災害復旧◇測量設計委託=147◇工事=6、450▽頭首工護岸(杭ノ原)L13・4mブロック積工
【特別・企業会計】【公共下水道】
◆施設管理修繕=200
◆公共下水道整備事業=385、286◇修繕=195◇管渠設計監理委託=10、842◇調査測量監理委託=7、995◇管渠布設工事=299、595▽伊谷地区L790m▽杭の原地区L505m▽杭の原地区L104m▽上野地区L777m▽熊沢地区L540m▽町組地区L1465m◇県道路面舗装復旧工事負担金=9、000◇地下埋設物移転補償=51、000
◆公共関連特環公共下水道整備事業◇管渠設計監理委託=3、106◇管渠布設工事=85、828▽黒川中部地区L1250m
【農業集落排水等】
◆浄化槽施設管理修繕=400
【簡易水道等】
◆施設管理◇修繕=3、000◇修繕材料=150
◆建設改良事業◇メーター取付=473◇受託工事委託=200◇設計監理委託=1、670◇配水管布設替工事=41、750▽正の平L200m▽下志水L150m▽黒川渡合L140m◇新設用メーター=131
◆簡易給水施設管理◇修繕=500◇更新用メーター=105◇修繕材料=100
◆簡易給水建設改良事業各施設改良工事=1、100
◆簡易水道等災害復旧◇測量設計委託=125◇災害復旧工事=2、500
【水道】
 〔収益的支出〕
◆原水及び浄水◇重機借上=200◇浄水場機械類等修理=500
◆配水及び給水◇配水管等修理=7、000◇メーター器取替=14、000◇舗装復旧=150
◆受託工事委託=200
 〔資本的支出〕
◆配水及び浄水設備改良◇設計委託=80◇消火栓新設改良工事=3、000
◆上水道設備拡張事業(伊谷L790m、杭の原L505m、上野L674m、熊沢L270m、町組L1495m、漆ケ平L80m、国道361号改良林大上L100m、根曽L100m、伊谷L100m)◇設計委託=6、737◇配水管布設替工事=19、790◇下水道関連工事=143、248◇道路改良に伴う布設替工事=18、060
◆新設メーター器=500

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野