業界記事

処分場へ工事費/クリーンセンターは修繕

2005-04-07

 児玉郡市広域市町村圏組合(管理者・茂木稔本庄市長)の17年度予算は、53億9892万8000円となった。建設関連は、ごみ焼却施設や消防施設の修繕費が中心となっている。
 主な予算は、小山川クリーンセンター修繕1億6948万円をはじめ、寿楽園1078万6000円、斎場414万8000円、余熱利用施設484万1000円、利根グリーンセンター4195万円、消防施設1657万1000円の修繕費を計上。
 工事費は、埋立処分地施設で、美里最終処分場第2期第1層覆土工事955万5000円、神泉最終処分場観測井戸設置工事79万3000円。消防で、携帯電話119番直接受信工事94万5000円、エアコン設置工事13万9000円、自動火災案内導入工事7万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野