業界記事

JRと施行協定/委託費約3億円確保/上越線へ跨線人道橋/

2005-04-07

 浜尻団地南通り線道路改築事業でJR上越線の高崎問屋町駅と井野駅間へ跨線人道橋の新設工事を計画している高崎市土木課は、JRと施行協定を結び、準備が整い次第工事をJRが発注していく。今年度当初予算に委託費3億1500万円、用地買収費690万円をそれぞれ計上している。
 JR上越線問屋町駅-井野駅のほぼ中間点へ自転車及び歩行者専用の跨線人道橋を築造するもの。高崎問屋町駅開業に伴って踏切の遮断時間が長くなったほか、既存の踏切を小中学生が通学路として使用しているなど、交通渋滞の緩和や通行者の安全を確保するため計画された。
 市では以前から浜尻地区の区長会や浜尻小PTAによって要望が出されていたことなどを踏まえ、16年度の補正予算で設計委託費を確保、JR東日本コンサルタンツ(高崎支社)へ業務を委託している。
 計画によると、跨線人道橋は渡り部の橋長が約18m、幅員2・5mで上り線及び下り線側へそれぞれ設置する階段部の延長は約30mとなる。桁形式はプレートガーダーとなり、階段部の基礎は全6か所、橋梁部は2か所で、全て場所打ち杭となる。
 年度内の完成を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野