業界記事

25市町管渠等に100億余/地方道交付金は約55億/17年度本県関係予算

2005-04-07

 国土交通省は都市・地域整備局における今年度事業箇所の予算配分を明らかにした。本県関係の事業費を見ると、公共下水道事業で25市町の管渠布設等に100億6400万円(国費50億9230万円)、県内4流域下水道事業に31億5250万円(国費17億6000万円)などを配分。このほか、新規となる押原公園(昭和町)など6箇所の都市公園事業に17億9100万円(国費7億2900万円)、新規となる清里駅周辺など15地区のまちづくり交付金に28億2600万円、地方道交付金事業に55億3700万円を充てる。
 下水道事業の予算については、本省配分で北杜市(県代行事業)の処理場、管渠整備等に事業費4億4100万円(国費2億3605万円)、整備局配分で25市町の管渠布設等に事業費96億2323万円(国費48億5625万円)を配分。富士北麓、峡東、釜無川、桂川の流域下水道事業には31億5250万円(国費17億6000万円)、機能高度化下水道事業で、富士北麓流域など2流域下水道に5億2500万円(国費3億3000万円)、北杜市、小菅村、丹波山村にあわせて8600万円(国費4480万円)などを充てる。
 都市公園事業では、新規で今年度から用地買収等に着手する押原公園(昭和町)など都市公園6箇所の用地、施設費等に17億9100万円(国費7億2900万円)、統合補助で甲斐市、富士河口湖町、増穂町の3市町に国費3億3800万円を交付する。
 このほかまちづくり交付金では、新規の清里駅周辺地区(北杜市)、勝沼ぶどうとワインの里地区(勝沼町)、増穂インター周辺地区(増穂町)など15地区に28億2600万円を交付。街路事業では、竜王駅周辺地区の竜王駅北口線外1線に4億4600万円(国費2億2300万円)、竜王駅南北自由通路に4400万円(国費2200万円)、地方道路交付金事業で県、甲府市、南アルプス市、玉穂町、笛吹市の「市街地内の交通の円滑化」に52億2700万円、甲斐市の「JR竜王駅へのアクセスを改善するための周辺道路整備」に3億1000万円がそれぞれ配分される。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野