業界記事

新分野進出ライブラリ143/大手と戦える環境提供

2005-04-06

 ■新分野・新市場への取組又は先進的な取組等(以下「当該取組」という。)のテーマ
◇プレカットから建て方までのスーパーサブコン体制づくり
 ■取組の内容
◇基本的な考え方
 良質な住宅資産製造、流通業者として、競合他社との差別化、オンリーワン経営を目指している。これまでの取組みを通し、今後の事業展開を図る上で、一番関心があるのは大手ハウスメーカーとの接点が増えたことである。彼らがどの様な努力を重ねているか、まざまざ見せ付けられた。これを何とか生かして、工務店支援に生かしたいと思っている。
◇活動内容
 <1>近畿圏を販売エリアと考えた営業所展開。
 <2>不動産・ビルダーに対し、ITを中心とした瑕疵保証・エスクローを提供。
 <3>工務店支援ソフトの充実。
 <4>資材流通に適切な物流センターの構築。
 ■企業概況(現在の活動状況・業務内容を簡潔に)
◇住宅木材流通販売
◇プレカット加工から建て方までの施工(スーパーサブコン化)
◇木建市場(住宅産業ネットワーク)
◇工務店支援ソフト開発・販売(大棟梁)
 ■アイデア発案の契機
◇将来、性能表示が普及すると本当の意味でコストを踏まえて競争が始まる。それは日本の住宅産業にとって良いことだと思っている。それに対する当社の対応の重要なポイントとして、業態をスーパーサブコン化することだと思っている。プレカットによる資材と施工込みの販売強化や工務店業務のサポートなどの取組みをやることになった。大手ハウスメーカーと同じ土俵で地場工務店が戦える環境を提供していきたい。
 ■社長の役割と社内の実行体制
◇社長:経営戦略立案率先してリードする
◇部門:おのおのの戦略の基づいた戦術をたて部門展開する。
 ■従業員教育、新規の人材確保等の方法
◇可能思考教育と職能教育による(やる気・やり方)。そして、やり場の提供。
 ■事業化までに至る間で苦心したこと、及び成功の要因
◇地場工務店が生き残らないと、われわれも生き残れないと思う。その思いで一生懸命やってきた。しかし、これまでの取組みでうまく動いているのは半分くらいである。それぐらいいろいろことをトライしてきたということでもあるが。結果的には現在順調に進んでいるものの、先行き
に関しては緊張感を持って臨んでいる。
 ■主たる顧客等
◇大阪府岸和田市に拠点を持ち、近畿圏を事業展開エリアとしている。工務店、ハウスメーカー。
 ■差別化等のポイント
◇スーパーメタル工法を進化させた。
 独自金物・ラーメン工法の開発、設備投資による生産性アップ、クレーム改善
◇和歌山工場に最新設備(プレカット)の導入
◇自社オリジナル商品の開発力
◇工務店に対する住宅確認申請等の各種申請代行業務
◇これからのサッシ、エクステリアに対する取組み
◇建て方・フレーマー工事等の工事機能
 ■投資額及び必要資金の調達法
◇自己資金および銀行融資。
 ■事業のスタートから現在までの売上及び利益の推移
◇平成10年度の売上高40億円から平成14年度は72億円まで成長している。100億円の壁に3年で挑戦する。
 ■大きな成果と思われるもの
◇成果および今後の目標は次のとおり。
 <1>2005年4月期=売上高100億円、経常利益5億円
 <2>2007年=店頭市場株式上場
 <3>プレカット構造ライン=月産12000坪
 羽柄加工ライン近畿地区では最大生産量
 ■今後の課題と解決方針
◇顧客の地元工務店が大手ハウスメーカーと戦える土俵作り。
◇流通の立場からの部材の扱い方の提案。
◇工務店をトータルで支援する総合管理システムソフト「大棟梁」の開発、販売。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野