業界記事

管渠整備費に2億円/一般会計は15億を計上/17年度予算

2005-04-05

 谷和原・伊奈下水道組合(管理者・鈴木亮寛谷和原村長)では、平成17年度の一般会計当初予算額を明らかにした。予算額は15億3780万円で、前年度対比49・8%の大幅な減となった。小絹水処理センターの第1期建設事業を終えたため。主な事業をみると、既存集落の管渠整備で国補分と単独分を合わせ2億1525万円を計上。谷和原村内の細代や西楢戸地内などで計3092mの管渠工事を進める。
 既存集落の管渠整備では、国補分で1億6600万円、単独分で4925万円を予算化した。
 計画では、谷和原村内の細代、西楢戸、川崎、寺畑、小絹の5地区で管渠整備を進める。
 このうち寺畑と小絹は単独工事で開削工法のみとなるが、細代、西楢戸、川崎では国補と単独事業で開削や推進工法が計画されている。
 主な予算概要と、谷和原村内の既存集落で平成17年度に着工予定の地区や施工延長などは次のとおり。
●予算概要
【総務費】
◆庁舎清掃等委託=325万6000円
◆構内緑地管理委託=300万円
【下水道費】
◆下水道事業
◇管渠工事設計委託=3500万円
◇東部丘陵部茨城県委託=6億3800万円
◇国補事業工事=1億6600万円
◇単独事業工事=4925万円
◇電柱等移設補償=200万円
◆小絹水処理センター管理
◇処理場関係委託=7014万2000円
◇ポンプ場関係委託=512万1000円
◇管渠等清掃委託=998万9000円
◇量水器取付工事=2万円
◇管渠補修工事=3150万円
●着工予定地区
【細代地内】
◆国補事業
◇開削工法=φ200、L552m
◇推進工法=φ200、L286m
◆単独事業
◇開削工法=φ200、L175m
【西楢戸地内】
◆国補事業
◇開削工法=φ200、L966m
◇推進工方=φ200、L175m
◆単独事業
◇開削工法=φ200、L314m
【川崎地内】
◆国補事業
◇開削工法=φ200、L300m
◆単独事業
◇開削工法=φ200、L57m
【寺畑地内】
◆単独事業
◇開削工法=φ200、L90m
【小絹地内】
◆単独事業
◇開削工法=φ200、L177m

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野