業界記事

道路維持、改良など主/鳴沢小は外壁塗装、屋根防水等/17年度当初予算

2005-03-30

 鳴沢村は、新年度の当初予算を公表した。このうち一般会計の総額は15億8709万2000円で、今年度当初より、1・5%の減となった。同会計に占める普通建設事業費は1億9725万8000円で、今年度の当初に比べ6・3%(1317万5000円)減少した。
 関係する特別会計では、簡易水道事業に4827万1000円(同比13・6%減)を計上した。
 建設関連では、村道維持補修工事費(4329万4000円)、道路改良工事費(3200万円)、学校施設設備整備費(2111万3000円)、クリエーションパーク工事費(887万5000円)などが主。
 このうち、村道維持補修工事費については、村道692号線、村道1-1号線(一部拡幅工事)、村道275号線(入口部分を拡幅)を対象に、道路舗装の打ち換え工事を主に行う予定。工事発注時期については、現在のところ未定だが、なるべく早期に着手したいとしている。
 道路改良工事については、既存の村道拡幅を主に実施する予定。まず村道214号線(L167m)は、現在のW=3・5mを5mに拡幅改良するもの。また、村道703号線については工区分けして工事に着手。当初予算では2工区(L110m)を対象に、歩道確保のため5mある幅員を6mに拡幅する工事を実施する。ちなみに1工区については17年3月8日に発注済み。工事発注時期は各路線ともに、4月下旬頃から5月上旬頃を予定。
 学校施設設備整備費については、鳴沢小学校(同村1585)で、10年周期に行っている維持管理事業の一環として、特別教室棟の外壁塗装工事と屋根の防水工事を実施する計画。工事発注時期については未定としているが、着手時期については、学校が夏季休暇となる期間を利用して工事を行いたいとしている。
 クリエーションパーク工事費については、「道の駅なるさわ」の第2駐車場で一部路面が陥没したことから補修工事を施す工事と、道の駅内に防犯カメラ(2箇所)を新たに設置するもの。工事発注時期は、陥没補修工事が5月中旬頃、防犯カメラ設置工事は6月頃をそれぞれ予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野