業界記事

学校給食センター設計へ/17年度予算/四日町市営住宅建替準備

2005-04-01

 十日町市は今年度予算原案の概要を明らかにした。一般会計の予算額は190億391万9000円で、対前年度当初比8・6%の増額。普通建設事業費は31億4599万6000円で、同84・4%増と大幅な伸びを見せている。注目の事業では四日町市営住宅建替へ向けた設計及び地質調査委託費、中央学校給食センター設計委託費等を予算化。また、中越大震災に伴う災害復旧費には6億2256万円を計上している。
 周辺4町村との合併に伴い本日(1日)、新生「十日町市」が誕生。今予算原案は旧十日町市関連。新市長決定後、新市議会で承認を諮る見通し。
 主な予算額及び概要としては、まず地域イントラネット整備事業(公共施設を光ファイバーで接続)に9億2502万円。
 土木関係では、高山城之古線歩道新設事業に7000万円、新光寺北原線道路改良事業に3000万円、樽沢本線道路改良舗装事業に3000万円、豪雪対策事業(道路新設改良事業)に1億2850万円。まちづくり交付金事業のうち四日町市営住宅建替関連に1460万円を予算化し、設計及び地質調査委託費に充てる。同事業のうち街路事業ほかには1418万4000円、駅西地区には1602万円。道路橋りょう修繕事業には5000万円を計上。
 本町西線街路事業(四日町~太子堂)に2001万1000円。地籍調査事業(中手・中平、鉢区)に910万4000円。土地区画整理事業では駅西地区に3538万6000円、西本町地区に1226万8000円。
 教育費では、学校給食施設建設事業の中央学校給食センター設計管理委託費に1570万円を予算化。陸上競技場改修事業(メインスタンド改修)には2160万円。笹山野球場改修事業(内野暗渠・外野アンツーカ部分改修)に800万円。吉田クロスカントリーコース整備事業には1億1991万円を投入し、コース整備や交流クラブハウス建設を行う。バリアフリー対応整備事業では中条公民館改修工事に1300万円。
 災害復旧関係には6億2256万円を計上。うち農地農業用施設の現年災に5924万円、同過年災に1億2700万円、林道施設(現年災)に2000万円、同施設(過年災)に1億7270万円、小規模林道施設災害復旧に2030万円、土木施設災害復旧に1億1600万円、小規模土木施設災害復旧に7099万円、融雪施設(中継ポンプ場)に2491万円。
 簡易水道関係では、未普及地域解消事業(塩之又・鍬柄沢地区)に8260万円、簡易水道等施設整備事業(水沢中央簡水低区配水池増設工事)に8190万円、簡易水道地震災害復旧に1億1292万円。
 下水道関係では、公共下水道建設事業(管渠布設・布設替工事)に2億4079万円、処理場建設事業(下水処理センター汚泥処理施設・電気計装設備改築)に1億2210万円、特環の管渠布設工事費に1億8191万円。個別配水処理施設建設で合併処理浄化槽設置工事に1600万円。
 農業集落排水関係では、下条地区管路布設工事費に2546万円、地震災害復旧事業に2億6543万円を投入。
 水道関係では、配水管等布設替事業に1130万円、配水管等布設事業に733万円を充てる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野