業界記事

西小学校改修で4億/17年度予算/道路整備に重点配分/普通建設事業費が48%

2005-04-01

 鹿島郡旭村(酒井長敬村長)の平成17年度当初予算が明らかになった。一般会計は43億8031万2000円で、前年度比3・9%増。このうち普通建設事業費は9億6656万6000円となり、同比48・6%増の伸び。主な事業は、旭西小学校校舎改修事業に4億3050万円を計上。このほか、道路新設改良、リサイクル研究開発促進交付金、道路維持などの道路交通体系の整備や配水管布設工事など上水道整備に重点配分した。
 一般会計の歳出をみると、教育費が旭西小校舎改修事業により前年度比で40・2%増と大きく伸ばし、土木費も2・2%前年度を上回った。性質別では、普通建設事業費が補助事業分5億786万2000円、単独事業分4億5870万4000円の計9億6656万6000円となり、予算全体の22・1%を占めた。
 主要事業では、17年度の目玉事業となる旭西小学校校舎改修事業で、工事監理委託に2050万円、工事に4億1000万円を計上した。
 昭和51年に建設された老朽化した校舎棟1棟を対象に地震補強・大規模改修を実施するもので、17年度単年度事業で改修工事を予定している。
 既存校舎の施設規模は、RC造2階建て延べ1869㎡。
 本体工事の発注については、今後、国庫補助の内示を待って、6、7月頃にも一般競争入札を行う見通しだ。
 道路整備関連では、道路新設改良事業に3地区の改良舗装工事7300万円、4地区の調査・測量設計委託に500万円を計上した。
 リサイクル研究開発促進交付金事業では、測量設計委託に480万円、工事費に1億500万円を盛り込み、村内4地区の改良舗装を進める。
 また、道路維持等工事には7400万円、安全快適なみち緊急整備事業で村内1地区を対象とする設計積算委託100万円、改良舗装工事2000万円、原子力地域振興事業で1地区の改良舗装工事に2000万円を予算化。
 農道整備では、県単農道整備事業で、2地区の設計委託に1165万円、1地区の整備工事に1500万円を計上。基盤整備促進事業は、村内2地区を対象に設計委託340万円、整備工事4200万円を盛り込んだ。
 このほか、地籍調査で、委託等3432万8000円を計上し、荒地・玉田2地区の2・13立法kmについて測量などを実施する。
 一方、水道事業の資本的支出は、1億3321万8000円で、前年度比41・1%の大幅な減。
 配水管布設工事の設計委託に682万5000円、工事費に8032万5000円を計上。
 設計の実施地区は、鹿田・子生・常磐・湯坪地区の各一部で、配水管布設の工事延長は2825mで予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野