業界記事

早期に設計委託/中学校体育館を改修

2005-03-31

 南河原村は、中学校体育館改修工事を計画している。17年度当初予算には、設計業務委託費460万円、工事費4600万円を計上。早期に設計業務を委託したのち、工事へと順次移行していく。また当初予算には、中学校校舎耐震診断委託費231万円、小学校体育館耐震診断委託費346万5000円をそれぞれ盛り込んだ。
 いまのところ中学校体育館の改修内容は、外壁改修や通気設備の確保、トイレ改修および身障者用トイレの設置などを予定。詳細を設計の中で固める。
 同体育館(南河原1081)は、3月末で村民体育館が移管されたもの。施設規模は、S造平屋建て、床面積1293・192㎡。体育室や管理室、更衣室、シャワー室などを内包している。建設年次は昭和56年。
 耐震診断を行う南河原中学校(南河原1081)は、管理棟が対象。校舎規模は、RC造3階建て、延べ床面積2031㎡。建設年次は昭和55年。
 一方の南河原小学校(南河原782)の体育館は、S造平屋建て、床面積666㎡規模として、昭和46年に建設された。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野