業界記事

幹線4号など改良/辺地対策事業は3000万円/17年度予算

2005-03-31

 長瀞町(大沢芳夫町長)の17年度予算は、一般会計が28億838万8000円で、前年度比12%減となった。うち普通建設事業費は、同52・8%減となる1億1285万9000円と厳しい編成となった。
 道路新設改良事業には、2470万3000円を付けた。3路線の整備を計画。対象は、▽幹線4号線=改良30m▽野上下郷12号線=改良120m▽岩田5号線=改良155m-。
 このほか、道路関連事業では、維持補修事業460万円、交通安全施設整備事業180万円や、辺地総合振興計画に基づく辺地対策事業として、風布2・3号線を整備。事業費3000万円。
 岩田地区工業導入地区の整備では、導入用地の有効利用と導入促進を図るため、排水路の付け替え工事を行う。予算は、1628万8000円。施工延長120m、幅1・5mの計画。
 水辺公園整備事業は、500万円の事業費で、親水施設や付帯施設などを整備。身近な憩いの場を創出する。
 主な事業は、次のとおり。
【庁舎管理事業】
 庁舎維持管理に伴う機械設備の保守および適切な庁舎環境整備。2042万7000円
【学校施設等改修事業】
 小中学校施設改修など、教育環境改善を図る。内容は、通学路案内板設置工事、中学校普通教室扇風機整備。50万3000円
【中学校屋外照明修繕事業】
 投光器や安定器が老朽化し、暗く、漏電の恐れもあるため、修繕。事業費135万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野