業界記事

NECを特定/電子カルテシステム開発/新がんセンター

2005-03-31

 県病院局は、新がんセンター建設に伴う診療カルテの紙媒体から電子カルテへの切り換えに関わるシステム開発等の技術提案競技で、29日に選定委員会を開いて協議した結果、日本電気(NEC)を第1交渉権者として特定した。
 審査は2段階で行われ、2次審査(プレゼンテーション)には日本電気と富士通が進み、総合的に見て日本電気の提案の方が優れていると判断された。
 今後は、特定者と契約に向けた交渉に入り、19年春の新病院開院と同時に電子カルテシステムを導入する。
 今回の技術内容は、総合医療情報システムの設計、開発、搬入、据付け、調整及び操作訓練など。主な参加条件としては、<1>200床以上の病院で電子カルテシステムを稼働させた実績があること<2>アフターサービス、保守を行う体制が整備されていること<3>県の物件等購入契約資格者名簿登録者であること--等としていた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野