業界記事

新年度から調査開始/バイオマス利活用計画

2005-03-31

 バイオマス利活用計画の策定を進めている太田市は現在、新年度からの事業内容などの詳細を検討している。今後は順次、各業務を委託し、調査を開始する方針。総事業費は10~20億円程度を試算している。
 同事業は、旧新田町が農林水産省の推進するバイオマス利活用フロンティア推進事業で補助を受けて実施する計画。当初の段階では町内の農業用廃棄物をリサイクルし、循環型農業の構築を目指す。また、地域温暖化の抑制や農山村の活性、戦略産業の育成等を図る。さらに、合併を機に計画エリアが広がれば、それに応じて事業費も変更される。
 16年度は委員会の設立後、廃棄物別に事業性を調査して、それぞれの利活用方法の検討に着手。さらに、利用廃棄物をどのように利用し、循環型農業を構築するかなどの検討を進める。また、これまでに地域住民を対象に講演会や事例発表会などを開催している。
 今後は、実行部会などで詳細を検討し、17年度までに調査及び検討を済ませ、18年度に事業化、リサイクル施設の導入を行う。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野