業界記事

橋梁詳細設計に着手/玉穂地内の5橋、L550m/道路整備課

2005-03-29

 県土木部道路整備課は、新年度以降に施行を計画する新山梨環状道路南部区間の建設に伴う甲府中道玉穂線の橋梁詳細設計4件を委託した。設計箇所は、同区間のうち未整備となっている玉穂町高橋地内ほかの橋梁部延長550m。今月8日には4工区に分け指名競争入札を執り行い、▽構造技研(同地内ほかの3、落札額1470万円)▽セントラルコンサルタント(同地内ほかの4、落札額4300万円)▽片平エンジニアリング(同地内ほかの5、落札額=2550万円)▽サンポー(玉穂町高橋地内ほかの6、落札額=6100万円)がそれぞれ受注。新年度の秋口をメドに設計作業を進める。
 新山梨環状道路南部区間(9k)については、中部横断自動車道南アルプスICから古府中浅原線に至る約7kの区間を高架橋による自動車専用道路(車道部幅員7・0m、全幅10・5m)として9年度から整備に着手、順次部分供用しており、現在、未供用区間の田富・玉穂工区(L約3k)について、早期の完成を目指し、整備が進捗している。
 今回、詳細設計を委託したのは、玉穂東ランプ接続部の5橋(L550m)の区間で発注は4工区。委託業務の内容は、高橋1号橋(玉穂町高橋地内ほかの3、L108m・RC中空6径間)、高橋3号橋(同地内ほかの4、L155m・RC中空10径間)、成島2号橋(同地内ほかの5、L112m・RC中橋7径間)、高橋2号橋と成島1号橋(同地内ほかの6、高橋2号橋L66m・PC箱桁3径間、成島1号橋L104m・PC箱桁3径間)となっている。
 同工区については予算状況等にもよるが、新年度中に工事発注したい考え。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野