業界記事

真丸特殊紙業が新工場建設/進出協定調印/県営東部産業団地

2005-03-29

 県企業局は25日、阿賀野市の県営東部産業団地に進出する真丸特殊紙業(株)(笹野周太代表取締役社長、愛知県名古屋市西区見寄町211番地)と県庁で進出協定及び土地売買契約を調印した。
 同社は包装資材製造業を営んでおり、今回、同団地に新工場を建設する(市内より移転新築)。
 購入場所は、同団地東部の第4区画で、敷地面積約1・8ha(うち分譲面積約1・3ha)。新工場は建築面積約7400㎡で計画し、5月着工、11月の操業を予定する。設備投資予定額は土地代込みで約20億円。
 同団地は、今回の進出により分譲面積100・8haのうち2社1・4ha(1・4%)が分譲済となり、製造業としては第1号の進出となった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野