業界記事

4億で塵芥処理修繕/17年度当初予算

2005-03-29

 志木、新座、富士見の3市で構成する志木地区衛生組合(管理者・浦野清富士見市長)は、17年度当初予算の概要をこのほど明らかにした。それによると、予算総額は28億2973万6000円と、前年度比10・2%の増額となっているが、これは公債費(償還金など)の増額によるもの。
 主要予算は、塵芥処理修繕に4億330万6000円(うち粗大改修に6982万5000円)を設定したほか、同運転管理業務に6億7009万4000円を計上している。
 工事関係予算では、カレット置場防音対策工事に935万5000円、仮称・志木環境センター施設用地(志木市下宗岡1-7209-1、敷地1万9805㎡)の草刈業務委託に162万8000円を設定。
 なお、志木環境センターの施設建設計画は、今のところ動いていない。現在、3市のごみは、富士見環境センターと新座環境センターで処理しているが、両施設でまだ10年近く対応できる見通しとなっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野