業界記事

瓜連駅整備で繰越明許/16年度の最終補正予算

2005-03-29

 那珂市はこのほど、平成16年度の最終補正予算を明らかにした。それによると、一般会計は2億440万1000円の減額となり、当初からの総額は最終的に158億601万8000円となった。
 歳出では、建設関連で目立った補正は無いが、土木費においては歩道工事費に250万円、街づくり事業の用地購入費に417万3000円などを計上。
 一方、継続費では、今年度から着工している図書館建設事業において、総額を14億7002万4000円から13億9428万3000円に減額補正している。
 繰越明許費については、旧那珂町のまちづくり事業に1319万4000円、旧瓜連町の駅周辺整備として瓜連地区まちづくり事業に1億8172万2000円を設定。
 このほか、道路改良舗装事業において2700万円を、横堀小学校の大規模改造事業費として960万円を、それぞれ繰り越した。
 建設関連の補正額と継続費、繰越明許費は次のとおり。
【総務費】
◆高度情報化推進事業・修繕=40万円
◆業務系電算機借上事業・修繕=40万円
◆基金積立事業
◇学校施設整備基金=7000円
◇農業農村整備基金=3万5000円
◇公共施設整備基金=2万2000円
【土木費】
◆道路改良舗装事業・歩道工事=250万円
◆まちづくり事業
◇道路用地購入=417万3000円
◇その他補償=456万5000円
【上菅谷駅前地区土地区画整理事業特別会計】
◆その他補償=85万円
《継続費》
◆図書館建設事業(総額13億9428万3000円)=16年度(5000万円)17年度(13億4428万3000円)
《繰越明許費・追加》
◆道路改良舗装事業=2700万円
◆まちづくり事業=1319万4000円
◆瓜連地区まちづくり事業=1億8172万2000円
◆横堀小学校大規模改造事業=960万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野