業界記事

北小プールで補修費/新年度予算/下水道整備に2・5億円を計上

2005-03-29

 新治郡玉里村(鶴町和夫村長)は、平成17年度の当初予算額を明らかにした。一般会計は29億985万2000円で、前年度対比8・7%の減。うち普通建設事業費は1億8377万6000円で、前年度対比53・4%の大幅な減となった。幼稚園の増築事業が終わったため。主な普通建設費をみると、土木費に1億2700万円を配分。道路事業で維持と新設改良を合わせ1億円余りが予算化された。玉里北小学校のプール補修でも1050万円が計上されている。一方、特別会計は下水道事業が4億6119万1000円で、上玉里と田木谷地区の整備費を増額したため、前年度対比15・2%の伸びとなった。
 一般会計予算は、16年度に当初に計上していた減税補てん債の借り換え分を差し引いても増減率は5・3%の減となる。
 普通建設事業では、道路事業で維持と新設改良を合わせ1億円余り、玉里北小学校のプール補修でも1050万円を計上。海洋センターのサッカーコート整備や消防第4分団の詰所新築も予算化された。しかし、16年度で玉里幼稚園舎の増築事業が終わったため、前年度対比は53・4%の大幅な減となった。
 道路事業では、維持補修費に2951万4000円、新設改良舗装費に6800万円が計上された。計画によると、維持補修で栗又四ケ沼田地内の側溝整備や田木谷山下地内の鉄道敷排水対策を進めるとともに、中台地内の交差点に歩道待避所を設置。新設改良では5か所の継続路線を中心に舗装などを進める。
 玉里北小学校のプール補修では、1050万円を計上。当初はプールを全面改築する計画だったが、財政事情を勘案し、17年度は底面や側面の補修のみとなった。
 海洋センターのサッカーコート整備では、590万円が計上された。多目的グランド内に計画されているもので、整地や芝張りなどを進める。
 消防第4分団の詰所新築では、消防機庫設計費として68万6000円を計上するとともに、建設費で1365万円が予算化された。
 一方、特別会計をみると下水道事業が4億6119万1000円で、前年度対比15・2%の伸びとなった。現在、上玉里地区と田木谷地区の17haで、霞ケ浦湖北流域関連の第2期整備を進めているが、16年度当初に比べて約7400万円を増額したため。予算全体の工事費は2億5960万円で、うち管渠布設費は国補分が2億2750万円、単独分が3110万円となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野