業界記事

埼玉は71地区対象/まちづくり交付金概要

2005-03-28

 国土交通省関東地方整備局は25日、17年度まちづくり交付金の配分概要を公表した。それによると、全体で368地区、交付金総額は国費約740億円としている。このうち、埼玉県は最多の71(うち新規18)地区において、同交付金を活用。都市再生、地域再生の取り組みを推進する。
 同交付金は16年度に創設されたもの。自治体が国土交通大臣に提出した「都市再生整備計画」に対し、総事業費の概ね4割を交付している。
 県内の新規地区を見ると、さいたま市が最多の3地区。浦和駅周辺、武蔵浦和駅周辺、アーバンみらい東大宮周辺で、それぞれまちづくりを進める。
 そのほかの新規地区一覧は次のとおり。
▽川越市中心市街地(川越市)▽秩父市同(秩父市)▽旧吉田宿周辺(同)▽東松山駅周辺(東松山市)▽坂田(桶川市▽日出谷(同)▽明戸(深谷市)▽北上尾駅周辺(上尾市)▽今様・草加宿(草加市)▽新田西部(同)▽新曽第一(戸田市)▽羽尾(滑川町)▽中央(横瀬町)▽小前田駅北西部(花園町)▽川里中央(川里町)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野