業界記事

まちづくり交付金新規配分地区概要(長野県関係)(その2)

2005-03-26

【小海町】
◇松原高原=<1>集落・観光地へのアクセス道路の整備(5路線)、町民憩いの公園・多目的広場の整備(4か所)、伝統的である冬季スポーツのスケートセンター整備、源泉からの引湯による温泉活用により、観光交流人口の増加と地元雇用の拡大を図る。また、町民・観光客などの交通確保のため、町営バスを購入する<2>14億1900万円(5億4670万円)<3>21年度<4>1億9400万円(7400万円)
【南牧村】
◇南牧=<1>道路整備事業(村道市場川上線ほか5路線5910m)により、良好な居住環境の確保及び来訪者の増進を図る。地域生活基盤施設整備(防災情報提供施設、板橋多目的広場、野辺山駅前広場)により、防災意識の向上と観光客増進を図る。既存建物活用事業(地域交流センター)により、地域の交流と社会教育の充実を図る。提案事業(一般廃棄物焼却施設、宅地造成事業、小学校改築、体育館建替、スクールバス購入、SL運行、100Kマラソン開催)により、良好な居住環境の確保と地域資源の活用を図る<2>30億5300万円(12億2100万円)<3>21年度<4>6億1300万円(2億4500万円)
【南相木村】
◇相木=<1>若者定住の確保を図るため、定住促進住宅の建設や宅地造成を行う。住民の基幹道路である村道の安全確保を図るため、道路整備を行う。気象情報や災害情報などを住民へ確実かつ正確に情報伝達するため、地域防災施設整備を図る。世代を超えた交流を図ることにより、健康で生きがいをもって生活できるよう地域交流施設整備などを行う<2>10億300万円(4億100万円)<3>21年度<4>8500万円(3400万円)
【佐久穂町】
◇八千穂高原白樺の森=<1>公園整備事業(3箇所)により、家族で楽しめる多様なニーズに応えられる地区とする。道路整備事業(車道1路線、遊歩道3路線)と情報板(8か所)の設置により面的広がりをもたせ、観光客などを滞留さる要素を強化する。地域交流センター(1棟)を整備することで、地域住民と都市との交流を深めるとともに、体験型都市交流事業により、森の再生と保護を図る。電気自動車及び森林セラピー事業により地区の商品価値を高め、「訪れてみたい、そしてもう一度来てみたい観光地」を目指す<2>3億6900万円(1億4760万円)<3>21年度<4>9300万円(3700万円)
【丸子町】
◇中丸子・上丸子=<1>カネボウ工場跡地の有効活用と依田川の河川空間の整備を一体的に進めることにより、水と緑を活用した賑わいと憩いの創出を図る。町道中丸子27号線(L330m×W13・5m)、町道中丸子1号線(L400m×W5-6m)、町道中の道川原線(L60m×W4m)、町道中丸子1号線(歩道整備)の道路改良により、当該地域へのアクセス性を高めるとともに利用者の安全性の向上を図る。水辺公園(2600㎡)を整備することで、誰もが憩える環境整備を図る。当該地域の賑わいづくりの一環として、ものづくり工房を設置する。給食センター(3300㎡)の整備により、学校給食の供給だけでなく、災害時の炊き出し施設としての機能も持たせる。依田川を一つの河川公園として位置付け、依田川ウォーキングロード(堤防道路)を整備し、潤いと安らぎの河川空間を創出する<2>5億2300万円(2億900万円)<3>21年度<4>3億4800万円(1億3900万円)
◇鹿教湯=<1>健康と文化の里として鹿教湯地区の環境整備を行う。町道鹿教湯2号線(L1000m×W1・2m)と、内村川に掛かる3つの橋(五台橋、みどり橋、紅葉橋)の整備より、自然を満喫できる散策道のネットワーク化を図る。町道鹿教湯2号線コミュニティ道路を温泉地にふさわしい道路景観となるよう整備する。旧鹿月荘跡地に交流センター(843㎡)を整備することにより、温泉地の「憩いと集い」の拠点づくりを行う。車優先から人優先の温泉郷として、鹿教湯5号線を一方通行とした交通システムの研究を行う。温泉センター「クアハウス」(1241㎡)内を整備し、誰もが使いやすい施設とする。温泉街の景観を整備するため、景観形成の調査研究を地域住民と共同で行う<2>4億3100万円(1億7200万円)<3>20年度<4>3800万円(1500万円)
【青木村】
◇青木=<1>定住人口増加のため村営住宅の住宅建設、地域交流センター及び公園の整備を一体となって行うことで、定住環境の整備を図る。また、道路整備の促進により、定住環境を整備する。市民農園に併設される観光交流センターを整備し、各種体験、地元農産物の直売を行っている体験館及びそこに隣接する「道の駅」(17年度完成予定)と一体となって、体験型観光の拠点とし活用する。また、当村は難視聴地域であるが、光ファイバーを地域内に整備し、地上デジタル波に対応した情報基盤の整備を図る<2>3億3900万円(1億2700万円)<3>21年度<4>2億6400万円(9900万円)
【泰阜村】
◇温田駅前=<1>駅前に広場や駐車場(8台)を整備し、ゆとりある空間を創出する事で、駅前の活性化を図るとともに、公営住宅(10戸)や地域交流センター(159㎡)の整備により、暮らしやすい住環境とし定住者の促進を図る。また、生活道路である村道改良(2路線230m)や、公園・霊園を整備する事で、住み続けたくなる生活空間を創出する。ケーブルテレビを利用した防災情報通信施設を整備し、誰もが安心して生活できる環境を整える。既存の建造物を活用した観光交流センター(175㎡)を整備し、その運営をNPO法人へ委託する事で、都市部と地元住民との交流による活性化を図る<2>8億3500万円(3億3400万円)<3>21年度<4>4億2800万円(1億7100万円)
【麻績村】
◇麻績村聖高原一帯=<1>聖高原スキー場の植花による修景整備(6ha)、聖湖周辺の広葉樹植栽(2・6ha)及び湖周回遊歩道整備(1000m)などによる聖湖エリァの修景整備を行う。また、聖高原すずらん湖周辺の水芭蕉群生地植栽整備(2・5ha)、スキー所跡地へのブナの植栽(10・5ha)による修景及び展望公園整備を、人と人のつながりによって行ない、聖高原全体のイメージアップを図り、観光客を誘致する。また、潜在的な地域資源を活用し、歴史の街道、花の街道を住民とともに再生・整備し、心ふれあう新たな交流拠点づくりを行うとともに、住民と協働のまちづくりの推進を図る<2>5億1600万円(2億640万円)<3>21年度<4>1億円(4000万円)
【穂高町】
◇穂高駅周辺=<1>穂高駅の歩行者(町民・観光客)の安心と快適性の向上を図るとともに、駅西交通広場整備により、滞留や憩いの場空間づくりを行い、駅東西自由通路整備により交通拠点である駅の利便性を図る。交流センター及び図書館を整備し、住民の学習並びに交流の場の環境整備を図る。歩道(緑道)整備により公共施設や芸術文化施設(観光施設)、商店街を結び、駅利用者や周辺住民及び観光客の安全性と利便性の向上を図る<2>25億5300万円(10億2100万円)<3>21年度<4>6億500万円(2億4200万円)
【坂城町】
◇坂城開畝=<1>坂城駅周辺の周遊性を図るため、駅への南側からの進入路を整備するとともに、地域内外交流推進の場としての駅前多目的広場や、駅前中心市街地内散策道の整備、防災対策、情報案内板の設置などにより、賑わいの再生を図る。町営住宅の更新にあわせ、連絡道路の整備やふれあい公園の整備・活用などにより、周辺福祉施設などとの連携を推進し、福祉のまちとしての活性化を図る<2>9億9300万円(3億9700万円)<3>21年度<4>2500万円(1000万円)
【木島平村】
◇木島平=<1>集落と公共施設、集落と集落、スキー場など観光地への道路及び地域の防災設備の整備により、冬季間や災害時でも安全安心の村づくりを進める。若者住宅の整備により、定住を促進する。介護予防教室のためのバスやスポーツ施設、文化施設の整備により、健康づくりと文化の振興を図る。研修やイベントの開催により、人材育成と交流人口の拡大を図る<2>2億7730万円(1億1000万円)<3>21年度<4>3500万円(1400万円)
<おわり>

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野