業界記事

新規に飯山駅区画整理や砥川/関東地方整備局の17年度長野県内関係事業

2005-03-26

 国土交通省関東地方整備局は25日、17年度予算の概要について明らかにした。これによると、直轄の主要事業は中部横断自動車道、18号坂城更埴BP、アルプスあづみの公園など。また、補助では伊那木曽連絡道路(361号姥神峠道路)、飯山駅周辺地区土地区画整理、東後町・権堂町市街地再開発などが挙げられている。長野県における補助事業配分額は、治水関係149億2600万円、道路整備関係400億4500万円など計1094億2300万円で、16年度と比べ2・1%の減となっている。
 新直轄方式による中部横断自動車道(八千穂~佐久)は、監理委員会で検討したコスト縮減等の考え方に基づき事業推進を図る。
 坂城更埴BPは、16年度に引き続き八幡地区において、埋蔵文化財調査や用地取得とともに改良工事を進める計画。12億3000万円の事業費を見込んでいる。アルプスあづみの公園には22億8800万円の事業費を投入し、大町・松川地区のセンターゾーン施設などで整備促進を図る考え。
 姥神峠道路はトンネル設備等工事を推進し、17年度の供用開始を目指す。
 新幹線飯山駅周辺の区画整理は新規事業。初年度は換地設計着手の予定で、全体面積はA7・7ha、26年度までの期間を見込み、試算される総事業費は約46億円。東後町・権堂町の再開発は17年度の事業完成を目指す。このほか、151号落合~新野BP(阿南町)、254号平賀BP(佐久市)、柏矢町駅前線街路(穂高町)、岡谷駅南地区土地区画整理(岡谷市)なども17年度完成・供用予定となっている。
 加えて、17年度から砥川広域基幹河川改修(下諏訪町)、街なみ環境整備の中央東地区(松本市)、まちづくり交付金による善光寺表参道地区(長野市)と温田駅前地区(泰阜村)に新たに取り組む。
 このうち、砥川については総事業費に約36億円を見込み、L2・8kmにわたり浸水被害防止のため改修を進める。25年度頃完成の見通しを立てている。
 街なみ環境整備の対象となる中央東地区はA約8・5ha規模。城下町の歴史や文化、水資源を活かした街なみを形成するとして、17年度は、道路の美装化や既存建築物修景整備を推進する計画。25年度までに約5億円の事業費を充てる見通しだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野