業界記事

早野・宝JVが落札/富士見団地第1期建設主体工事

2005-03-24

 市川大門町は22日、「町営住宅富士見団地第一期建設主体工事」の入札を一般競争で執行した結果、早野組・宝建設JV(いずれも甲府市)が3億6380万円で落札した。指名競争入札で行われた同電気設備工事は若尾電気(甲府市)が7784万円、同機械設備工事は渡辺工業所(甲府市)が6730万でそれぞれ落札。工期は、契約締結日から来年3月までを予定している。
 同工事は、向新田地内の敷地(約1万5000㎡)に、RC造4階建て、延べ床面積2374・17㎡(1棟全32戸)の規模で、現住宅跡地に建設するもの。間取りは1LDK~3LDKと設定。バリアフリー化やエレベーター設置のほか、IHクッキングヒーター、電気式給湯器など電化製品を取り入れ、環境にやさしく、高齢者にも安全で安心できる住宅を心掛けている。
 なお、同工事の改築基本及び実施設計業務は、綜合建築設計事務所(甲府市)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野