業界記事

11施設で省エネ化の可能性/アクアパークなど/改修事業化調査報告公表

2005-03-25

 柏崎市が今年度に実施した「柏崎市公共施設等省エネルギー改修事業化調査」の報告書がまとまった。それによると、調査対象24施設のうち、省エネルギー化の可能性があると判断したのはアクアパークや柏崎市役所など11施設。そのうち6施設(3施設×2組)においては、ESCO事業の実施に向けた事業モデルを策定した。市では今回の調査結果をもとに、事業化に向けた検討作業を進めていく方針だ。
 11施設の概要は次の通り(<1>投資費用<2>省エネルギー手法)。
▽市立図書館(<1>748万9000円<2>照明設備の効率化、熱源搬送動力のINV化)
▽柏崎市役所(<1>1245万6000円<2>照明設備の効率化、熱源搬送動力のINV化)
▽アクアパーク(<1>1億376万円<2>照明設備の効率化、熱源搬送動力のINV化、高効率モータ導入、コージェネレーションシステムの導入)
▽産業文化会館(<1>1133万7000円<2>照明設備の効率化、擬音装置の導入)
▽市立博物館(<1>894万円<2>熱源搬送動力のINV化、加湿器の更新)
▽総合体育館(<1>293万9000円<2>照明設備の効率化、熱源搬送動力のINV化、擬音装置の導入)
▽総合福祉センター(<1>160万円<2>熱源搬送動力のINV化)
▽自然環境浄化センター(<1>1億5600万円<2>照明設備の効率化、高効率モータ導入、消化ガス発電)
▽瑞穂中学校(<1>623万8000円<2>照明設備の効率化、熱源搬送動力のINV化、擬音装置の導入)
▽第一中学校(<1>561万7000円<2>照明設備の効率化、擬音装置の導入)
▽南中学校(<1>631万6000円<2>照明設備の効率化、擬音装置の導入)
 また、ESCO事業モデルの概要は次の通り(<1>契約方式<2>契約年数<3>総事業費)。
◎アクアパーク・総合体育館・総合福祉センター(<1>シェアード・セイビングス<2>14年<3>3億802万1000円)
◎柏崎市役所・産業文化会館・市立博物館(<1>ギャランティード・セイビングス<2>5年<3>3943万1000円)
 報告書の詳細は、同市ホームページ(http://www.city.kashiwazaki.niigata.jp/webapps/index.html)を参照。省エネルギー改修事業化可能性調査業務は日本工営(株)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野