業界記事

総合基本設計へ6300万円/小前田北西部造成工事も着手

2005-03-18

 花園町(柳雅己町長)は、開会中の3月定例会に上程した17年度予算案を公表した。一般会計は、38億6790万円で、前年度比2・6%減。普通建設事業費も、3億6537万1000円で、同12・4%減とした。主な工事費は、道路新設改良で1億8800万円、農地1197万9000円など。特別会計は、昨年認可取得した小前田駅北西部土地区画整理が44%増の1億4604万7000円で総合基本設計6300万円のほか、造成工事に着手する。
 小前田駅北西部土地区画整理事業は、秩父鉄道小前田駅北側の西部エリアで面積約9・1ha。予算では、総合基本設計などのほか、画地確定測量および仮換地指定通知書作成業務556万5000円、埋蔵文化財調査273万4000円、排水路整備設計300万円の委託費。造成には4000万円を計上。コンサルには昭和北関東支店(熊谷市、電話048-521-0234)が参画している。
 農業集落排水事業は、4億5848万7000円で、15・3%減。中郷地区の処理施設、管路工事に3億2430万円、設計に971万円など。
 公共下水道は、1・6%増の3億3044万9000円。汚水管渠築造工事に1億300万円、第3・4処理分区実施設計に2000万円などを盛り込んだ。
 水道事業会計は、大型事業完了で51・4%の大幅減で、4億1343万円。配・給水管布設替工事など2886万5000円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野